インプラントを健康的に使うためのアフターケア

インプラントは、天然の歯と変わらない使用感で、違和感なく物を食べたり話したりできると需要の高まっている最新歯科医療です。
しかし、毎日のケアを怠れば、歯周病などになりインプラントの寿命が縮まってしまいます。
では、どのようなお手入れを行えばよいのでしょうか。
まず、毎日の歯磨きは欠かせません。
接合部は汚れが溜まりやすく、その部分は特に念入りに磨く必要があります。
しかし、ゴシゴシと力いっぱい磨いては、歯茎が腫れたり傷ついてしまうことがあるので、力を入れずソフトに磨くようにしましょう。
歯磨き粉は、研磨剤の入っていないタイプを使用します。
歯と歯の間も、歯間ブラシを使いしっかりと磨きましょう。
フッ素入りジェルを塗布すれば、さらに強化されます。
そして、半年に1回は状態をチェックしてもらうために歯医者で検診を行うことも、長持ちさせるためには必要です。
適切なケアを行い、健康な状態でインプラントが使い続けられるようにしましょう。

インプラントはアフターケアが肝心

歯を根本から失っても、また自分の歯を取り戻せたかのような治療法がインプラントです。
第三の永久歯とも呼ばれるほどのその機能性は高く、これまでの義歯やブリッジに比べて格段の咀嚼力を実現したのです。
今では口腔外科のある歯科であれば気軽に受けられるようになりましたが、実はインプラントは手術に成功して美味しく食べられるようになっても、その後のケアが肝心なのです。
というのは通常の歯とは違って神経がないので、何かトラブルがあってもなかなか気づきにくいからです。
そのため正しいセルフケアと定期検診は欠かせません。
仮にセルフケアも適当で検診もさぼりがちとなると怖いのがインプラント周囲炎です。
こちらは歯周病のような症状で、軽度であれば治療は可能ですが、重度になると現状では治療法は見つかっていません。
ただ正しいブラッシングと定期検診を受けていれば、たとえ不調があっても軽い状態で発見でき、早期治療、つまり完治が可能となるのです。

check

Last update:2016/9/6