奥歯にはインプラントが適しています

奥歯の虫歯や損傷などでやむを得ず抜歯をしなければいけなくなったとき、どのような治療方法が適しているのでしょうか。
奥歯は食べ物をしっかり噛めないと消化にも悪いので、それなりの強度を確保する必要があります。
抜歯したことで硬い食べ物が食べられなくなるのは不便です。
治療方法としては部分入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがありますが、この中で一番自然の歯に近い状態にできる治療方法はインプラントです。
人工歯根を歯茎に埋め込むことにより土台を作りますので、入れ歯やブリッジなどの治療方法との大きな違いはこの点にあります。
土台に人工の歯を被せることによりインプラント治療は完了しますが、数ヶ月は自分の歯のような実感がないかもしれませんが、時間が経過すると自分の歯のような感覚になります。
治療方法としては保険の適用がないことがあり、比較的高額な費用が必要になりますが、高額医療制度を利用すれば確定申告で一部治療費が戻ってきます。

奥歯のインプラント特有の事情と難易度

インプラントとは、歯を失った場合の治療の一つで、人工の歯根を歯茎に埋め込み、そこに人工歯をつける治療のことです。
何らかの理由で、歯がなくなってしまっても、違和感なくものを食べることができる為、多くの人の悩みを解消する治療法と言えます。
しかし、インプラントという金具を歯茎に埋め込む必要がある為、気軽に出来る方法とは言えません。
費用も高くなりますし、外科手術ということになるので、それなりのリスクもついてきます。
さらに、奥歯の場合には、難易度が高いと言われている為、実績のある歯科医を選ぶことが大切です。
具体的には、上顎洞や下顎管などの組織と近い為、それらを傷つけないように、骨をつくる手術が必要となる場合があります。
この手術が必要かどうかの見解も、歯科医によって違ってくる為、選び方が重要になってくるわけです。
インプラントの相談に行った歯科医の手術を受けなければならないわけではありませんから、複数の歯科医に相談して、治療の方法について比較することも大切です。

recommend

2018/1/15 更新